エコカーで税金対策!中古車の選び方

電気自動車やハイブリッド車・グリーンディーゼル車などを購入すると、一定の条件を満たすとそれぞれの車にエコカー減税が扱わられます。

主に自動車取得税と自動車重量税が免除される仕組みになっています。適用期間は自動車所得税は平成29年3月31日までです。

一方、自動車重量税は平成29年4月30日までに購入した車両について対象になります。減税対策もあってプリウスやアクアのようなエコカーを購入する人が年々増えてきました。そもそも自動車を購入する際にかかる税金にはどんなものがあるのでしょうか?

主に自動車にかかる税金は3種類あります。

  1. 車を購入する際にかかる「自動車取得税」
  2. 車を購入する際と車検を受けるときにかかる「自動車重量税」
  3. 1年に1回5月頃に自動車税の納付書が送られてきます

この自動車税の支払い期限は6月上旬になっている市町村が多いようです。「自動車税」については「軽自動車税」もありますが軽自動車の税金は平成27年4月以降より負担する金額が18,000円に増えています。

維持費が安いことで人気のあった軽自動車ですが、この値上がりは結構家計には痛手になっているのではないでしょうか?実は消費税だけじゃなく我々の環境は年々増加している訳です。

一方では4年前起きた東日本大震災依頼低迷が続いていた自動車業界も最近ようやく活気を取り戻してきた気配がします。「第3のエコカーブーム」の中で、ダイハツには1リッタルで30km走行する車を発表したことで通勤や長距離運転を目的とする人たちの購入者が増えてきました。

エコカーは車体価格が高いイメージがありますが、走行中に前方を監視してくれるシステム、スマートアシストが搭載されています。運転中に衝突回避可能なブレーキが備わっていると衝突時も軽減されるので若い女性を始め主婦や高齢者など幅広い層に人気があります。

満足できる装備が備わっているにも関わらず購入費用がお手頃価格なのも人気のポイントになっています。ディラー側も「低燃費」と「コンパクト」をしっかりアピールして車の売り上げを上げています。あなたもエコカーにしますか?