バイクの免許には主に4つ!あなたに合ったバイクは?

人馬一体とはまさにバイクのためにある!?

最近では50歳、60歳でもバイクの免許をとってツーリングを楽しむ光景をよく見かけます。気候のいい時は高速のパーキングエリアや道の駅などで大勢のライダーがお互いのバイクを褒め合っているかおようです。

車しか運転したことの無い人にとってはバイクの魅力がイマイチわかりにくいものですが

多くの中古年のライダーは年をとっても楽しめる趣味としてバイクの大型免許をとる夫婦が増えてきました。夫婦でバイク生活を楽しむ魅力とはなんでしょうか?

確かに渋滞のなか赤信号で止まっていても青になると車の間を颯爽として走り出す姿は気持ちがいいものでしょうね。通勤時間や高速道路でイライラしながら車を運転している姿を横目に車の間を走行しているバイクを見かけるケースも多いと思います。

バイク乗りにとっては

クルマは愚鈍な乗り物に写るかもしれません。クルマではマツダのロードスターなどが人馬一体を謳っていますが、やはり本当の意味での人馬一体はバイクかもしれません。自分の体のように操れる魅力がバイクにはあります。

また、風を全身に感じながら走る疾走感はクルマでは決して得られない快感です。そしてストレス解消!にもなるのがバイク最大の魅力かもしれません。人それぞれのバイクの魅力!あなたもバイクの免許を取って楽しんでみませんか?

AT二輪車限定免許が今、人気!

でも、バイクの免許にはどんな種類があるのか知らないかもしれませんね。

例えば、AT二輪車限定免許とはクラッチ操作を必要としないスクーターを中心とした二輪車限定の免許です。
「オートマチック・トランスミッション、主にクラッチ操作を要しない機構があるため、クラッチ操作をしないで大型自動二輪車または普通自動二輪車」が乗れます。
このAT限定は大型二輪免許でもAT限定は650ccまでとなっています。

バイクの免許

バイクの免許には主に4つあります。

  • 50cc以下の原付免許
  • 50cc超125cc以下の小型免許
  • 50cc超400cc以下の普通二輪免許(AT限定を含む)
  • 50cc超400cc超の大型二輪免許(AT限定は650ccまで)

例えば、Honda AT二輪車にはシルバーウイングGT、フォルツァ、PCX、スーパーカブシリーズ、トゥデイ等があります。

ホンダといえば、バッドマンを彷彿させるバイクNM4-01やNM4-02があります。
総排気量(cm3)745ですが、老若男女、誰が乗ってもカッコいいですね!

バイク選びの基本

バイク選びで一番理想的なことは身の丈にあったバイクを選ぶことです。

もちろん自分の好きなメーカーやデザインなどでバイクを選ぶことも大事ですが身長に合わないバイクやカスタマイズしたバイクを購入してもなかなか乗りこなせるものではありません。普通二輪免許をとった人がいきなり、400CCに乗ったところで乗りこなすことが結構難しいのではないでしょうか?

せめて250CCの小さめのバイクから練習して400CCや大型バイクに挑戦すると安心してツーリングが楽しめそうですね。

特に女性やバイクに詳わしくない人がいきなりバイクのネットオークションやバイク専門店以外のショップでの購入は控えたほうが良さそうです・・・

中古のバイクを購入する際は購入時期や消耗具合を納得した上で購入することをオススメします。さらに購入した後のメンテナンスも信頼できるショップを選んだほうが安心ですヨ!!